ホームレス0運動

ホームレスなどの恵まれない人々への支援を趣旨としています。 NPO団体を作ってホームレスを支援しよう! このブログはリンクフリーです。相互リンク募集中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミイラ化

百七歳で兵庫県内で男性最高齢とされていた伊丹市内の金岡久次郎さんがミイラ化した遺体で自宅から見つかり、五年前から十年前に死亡していたとみられる問題で、同市は九日、金岡さんの実際の死亡を確定させる手続きに入ることを決めた。金岡さんが「敬老の日」関連行事で受け取っていた祝い金などの返還を求めていく検討も始めた。金岡さんの遺体は今月七日、親戚(しんせき)の通報を受けた伊丹署員が発見。一階の八畳間に敷かれたふとんに浴衣でうつぶせに寝かされていた。金岡さんは長男(75)ら子供三人と同居。長男が七日に「父の葬儀をしたい」と親戚に相談して発覚した。同市は戸籍法に基づき、近く家族か親族に死亡届の提出を求め、住民票から削除するなどの手続きで金岡さんの死亡を確定させる。死亡日時は死亡届に添付される医師の診断書か遺体の検案書に基づいて特定するが、死亡時点の違いによって相続などの法的問題がかかわってくるケースも予想される。今回のように推定死亡時が五年から十年前と期間が長い場合、係争になれば裁判所に判断がゆだねられることになるという。金岡さんは平成十一年九月に市内男性最高齢者に認定。以来、市幹部らが毎年、「敬老の日」関連行事で自宅を訪問していたが、家族が金岡さんとの面会を拒んできたため、三万円の祝い金やカシミヤ入りの純毛毛布などの記念品(二万円相当)を置いて戻ってきていた。また、金岡さんは福祉年金を受給していたとみられるが、会計法では最長五年にさかのぼっての返還請求が可能とされる。兵庫社会保険事務局(神戸市)は「返還を求めるにしても手続きは、あくまで死亡届が市役所に出されてからなので、それを待つしかない」と話す。
スポンサーサイト

多重債務者の現状と対策

消費者金融などで高利の借金を抱えた多重債務者の救済を目指す「行政の多重債務者対策を充実させる全国会議」(京都府宇治市、大橋悦子代表幹事)は5日午後1~5時、北区錦町2の天満研修センターで、多重債務者の現状と対策を考えるシンポジウムを開く。 同会議は、多重債務者問題を解決するには、自己破産などの事後的対策だけでは不十分と考える弁護士や司法書士、消費生活相談員らが03年10月に設立。

ホームレスや生活保護受給者の人たちによる舞台公演

大阪・NPOココルーム 社会との関係の中で芸術の可能性を追求している特定非営利活動法人(NPO)「こえとことばとこころの部屋・ココルーム」(上田假奈代代表)は3月28日午後7時、大阪市浪速区恵美須東3、フェスティバルゲート4階のココルームで、ホームレスや生活保護受給者の人たちによる舞台公演「大阪紙の芝居劇場」を開催する。 かまなびごえんは、ホームレス問題に取り組むNPOの支援で、住所を確保して生活保護を受給している人たちが、交流し目標を持つために始めた劇団。

ホームレス対策、各個人の境遇に合わせ多角化を

ソウル駅でホームレス100人余が2時間に渡って出入り口や椅子などを壊すという騒ぎを起こした。これは韓国社会にホームレスの問題が浮上して以来、初めて目にする新しい事態だ。

 ソウル駅のトイレでホームレス2人が死亡したのが鉄道公安員の暴行によるという噂がもとになったというが、ホームレスの集団暴力行為は“ホームレス問題”が既に長期化している外国でも珍しいことだ。韓国のホームレス対策は、新たに点検し、模索する時がきている。

 一部ホームレスによる不特定多数を対象にした犯罪は、既に街中の危険要素としても浮上している。ホームレスが女性乗客を地下鉄の線路に突き落とし死亡させた事件をはじめ、ソウル地下鉄の放火事件の容疑者にホームレスの名が挙がったほか、映画館に放火したホームレスもいた。

 ソウル市は駅をはじめとした公共施設で過ごすホームレスを強制的に保護する方案を検討するとした。しかし法的にも現実的にもそれが妥当かつ可能なことなのかは疑問だ。米国はホームレス問題を市民団体に任せ、後回しにしており、日本は90年代はじめ、強制収容を試みたが失敗している。

 当局はソウル市のホームレス養護施設に収容が可能であるにもかかわらず、道端のホームレスがソウル駅周辺の約300人をはじめ、合わせて約700人に及んでいる理由を調べる必要がある。

 ホームレスを支援する民間団体はホームレスの半分近くがアルコール中毒や精神疾患を患っており、リハビリを前提にした日課を義務付けている養護施設には適応できないと指摘する。帰る家庭を失ってしまったホームレスは、自分の身元を明らかにしてまで養護施設に入ろうとはしない。

 負担なく一晩眠ることができるドロップイン(drop-in)センターの拡充がホームレスを吸収する代案になり得る。ソウルにはこれと似たような相談保護センターが3か所あるが、養護施設に送る前の段階という性格が強く、人気はないという。

 ホームレスは毎年300人も道端で死亡している程、幾つもの疾患を抱えている。このうち、重度の精神疾患があったり、結核など伝染性の疾患のため、周囲への被害が懸念されるホームレスは収容治療する案が望ましい。

 ホームレス対策はホームレス各自が置かれている条件に合わせた多角的な政策とならなければならない。そのためにはホームレスの正確な実態から把握する必要がある。

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

not

not

支援団体:アモーレ

 
活動拠点:大阪府門真市




FC2Ad





天下一blog(武道)会
天下一ブログ会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。