FC2ブログ

ホームレス0運動

ホームレスなどの恵まれない人々への支援を趣旨としています。 NPO団体を作ってホームレスを支援しよう! このブログはリンクフリーです。相互リンク募集中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即現金収入

2005年4月13日に正式オープン
日払いアフィリエイト」は、アフィリエイトシステムを管理・運用し、報酬の支払などを代行します。
特徴
登録・参加費一切無料です。
50円以上からいつでも即日送金します。
送金事務手数料完全無料です。
スポンサーサイト

プチ生活保護

「プチ生活保護」でいう「生活保護を受けて年金と最低生活費との 差額受給」(現在65歳以上申請者は無条件で13万円支給されている) は、議会で争点になっている年金一元化議論の前提となる 「統合最低保障制度」の重要なポイントであり、制度矛盾のシンボルでもある。政党やマスコミは、この部分を注目しないで政局に走るから、今のような 着地できない法案しか用意できないんじゃわ!マスコミはもっとこの課題を報道すべきだろう。

介護保険制度

介護保険制度が施行されて、その利用方法やサービスの内容については難しくて良くわからないという声がよくきかれる。そこで、ここでは介護保険のサービスを受けるための方法と、実際に受けることができるサービスメニューについて整理をしてみよう。

◆ 介護保険のサービスを受ける方法について
介護保険のサービスを利用するには、まず住んでいる(住民票のある)市町村に申請し、どの程度の介護が必要な状態なのかを認定する「要介護認定」を受ける必要がある。要介護認定の申請をすると訪問調査員が訪問し、心身の状態などについて調査を行う。この調査結果をもとに、全国一律の基準に基づいて一次判定を行う。次に市町村に設置された保健、医療、福祉の専門家からなる介護認定審査会で、一次判定の結果や主治医に依頼した医学的見地からの意見書などをもとに、最終的な要介護認定を判定。要介護認定は、要介護1~5、要支援、自立のいずれかに認定され、自立の場合は介護保険のサービスを受けることはできない。この認定結果が出たら、どこの業者のどんなサービスを利用するかという介護サービス計画「ケアプラン」を作成し、必要な介護サービスを受けることになる。ケアプランは利用者本人も作成できるが、居宅介護支援事業者のケアマネージャーに相談して作成してもらうこともできる。

《要介護認定の区分》
・ 自   立:介護保険でのサービス対象外
・ 要 支 援:日常生活を送る能力は基本的にあるが、浴槽の出入りなどに一部介助が必要
・ 要介護1:立ち上がる際などに不安定さがみられることが多く、入浴などに一部介助が必要
・ 要介護2:一人で立ち上がることが出来ない場合が多い。排せつや入浴で一部または全介助が必要
・ 要介護3:立ち上がりや歩行が一人でできない。排せつ、入浴、衣服の着脱などで全介助が必要
・ 要介護4:排せつや入浴、衣服の着脱などに全介助が、食事をとる際に一部介助が必要
・ 要介護5:生活全般にわたって全面的な介助が必要

◆ 介護保険で利用できるサービス一覧

《介護保険制度を利用するためのサービス》
・居宅介護支援(介護サービス計画の作成など)
 ケアマネージャー(介護支援専門員)が本人の心身の状況や家族の希望に応じたケアプラン(介護サービス
 計画)を作成してくれる。また、サービス事業者との調整や在宅サービスの給付の管理なども行ってくれる。

《在宅で受けられるサービス》
◇家庭まで訪問してくれるサービス
・訪問介護(ホームヘルプサービス)
 ホームヘルパーによる、介護や家事の援助が受けられる。
・訪問入浴介護
 浴槽を積んだ入浴車による巡回で、入浴の介護が受けられる。
・訪問看護
 医師の指示のもとに看護師による、療養上の世話や必要な診療の補助や指導を受けられる。
・訪問リハビリテーション
 理学療法士や作業療法士などから、心身の機能維持や回復のために必要なリハビリテー
 ションを受けられる。
・居宅療養管理指導
 医師や歯科医師、薬剤師から療養上の管理や指導が受けられる。

◇ 通所して日帰りで受けるサービス
・通所介護(デイサービス)
 デイサービスセンターなどの施設で、入浴や食事など日常生活に必要な世話を受ける。
・通所リハビリテーション(デイケア)
 施設などで、理学療法士や作業療法士による心身の機能維持や、回復のために必要なリハビリテーションを 受けられる。

◇ 施設へ短期間入所するサービス(ショートステイ)
・短期入所生活介護
 施設に短期間入所して、入浴、排せつ、食事などの介護や、日常生活上の世話を受けられる。
・短期入所療養介護
 病院や施設などに短期間入所して、医学的管理化での介護、入浴、排せつ、食事などの世話を受けられる。

◇ グループホームなどでの在宅サービス(入所している施設を自宅とみなし、在宅サービスを適用)
・痴ほう対応型共同生活介護(痴ほう性高齢者グループホーム)
 痴ほう状態にある要介護認定者が対象となり、小人数で共同生活を営めるよう、入浴から排せつ、食事など の介護の世話を受けられる。
 ※要支援の認定を受けた人は、対象とはならない。
・特定施設入所者生活介護(有料老人ホームなどでの介護)
 指定を受けた有料老人ホームや、ケアハウスなどに入所中の人に介護が必要になったとき、その施設が行 う介護などの世話も介護保険のサービスになる。
 ※要支援、要介護の認定を受けた人のみが、介護保険サービスの対象となる。

◇ その他在宅サービス
・福祉用具の貸与や購入費の支給
 介護用ベッドや車いすなどを借りられ、ポータブルトイレなどの福祉用具を購入したときには、費用の一部が 
支給される。
・住宅改修費の支給
 手すりの取り付けや段差解消など、介護のための小規模な住宅改修を行ったとき費用の一部が支給され
 る。

《施設へ入所するサービス》
・介護老人福祉施設(特養)への入所
 常に介護が必要で家庭介護が困難な寝たきりや痴ほうの人を対象に介護が受けられる。
・介護老人保険施設(老健)への入所
 病状が安定し介護や看護を必要とする人に対し、医学的管理下での介護やリハビリテーションが受けられ
 る。
・介護療養型医療施設(病院の療養型病床群など)への入所
 長期療養が必要な人が、看護、医学的管理下での介護、必要な医療などを受けられる。

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

not

not

支援団体:アモーレ

 
活動拠点:大阪府門真市




FC2Ad





天下一blog(武道)会
天下一ブログ会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。