FC2ブログ

ホームレス0運動

ホームレスなどの恵まれない人々への支援を趣旨としています。 NPO団体を作ってホームレスを支援しよう! このブログはリンクフリーです。相互リンク募集中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜ケ崎

釜ケ崎においては実際にどのような雇用契約・就労が行われているのであろうか。

釜ケ崎では一般的に、雇用主と労働者とが直接雇用条件を交渉し、雇用契約を結ぶという「相対方式」がおこなわれている。
その実際は、萩之茶屋一丁目にある「あいりん総合センター」の一階の「寄せ場」に、雇用主がマイクロ・バスなどを乗り付け、賃金その他の条件を掲示し、労働者はそれを見て車に乗り込むことによって契約が成立するというものである。

(西成労働福祉センターは「寄り場」と呼んでいる。「寄せ場」と「寄り場」の違いは、簡単にいえば主語の問題である。
その場所を行政あるいは使用者が自分たちの都合によって労働者を集めたり、散らしたりする場としての認識が「寄せ場」の表現となり、労働者が仕事を求めて寄り集まる側面に重点を置けば「寄り場」となる。)

他に西成労働福祉センター(財団法人)が紹介・仲介して雇用される場合もあるが、「相対方式」の契約数に比べると圧倒的に少ない。(あいりん総合センターには、西成労働福祉センターや社会保険事務所の出張所、医療センター、あいりん労働公共職業安定所がある。
なお、あいりん職安は他所の職安と違って職業紹介はおこなっておらず、雇用保険の給付業務が主要な仕事という珍しい職安である。)
ところで、ここで言う雇用主とは、一般の労働市場での雇用主とは異なる。労働者を雇用する者と使用する者は、派遣労働者の場合を除いて、同一であるのが普通である。
ところが、釜ケ崎の労働者の多くは「労働者派遣事業法」で指定されている職種以外で働いているにもかかわらず、派遣労働者と同様の雇用・使用関係の中に置かれている。

早朝、五時前後から「寄せ場」で求人し雇う者のほとんどが、「手配師・人夫出し」と呼ばれる業者である。
彼らは労働者の使用者ではなく、建設業者や工場主などの注文に応じて労働者を送り、紹介料を取っている業者である。
紹介料といえば聞こえは良いが、本来労働者に支払われるべき賃金の一部をピンハネしているのであって、この行為は「職業安定法」上は明白に違法であり、また業者も違法な存在である。

しかし、現状は、この行為が広範に行われている実態を無視することはできず、行政は「建設労働者の雇用に関する法律(建労法)」などによって実質的には黙認している。
ただ、これらの業者は野放しというわけではなく、釜ケ崎で労働者を募集するためには、西成労働福祉センターに登録する必要がある。
登録は、非常に簡単にできるのであるが、現状ではこれさえも完全に実施されているとは言えず、全く違法な私設職安といわざるをえないものさえ存在する。

釜ケ崎はこのように、いく重もの違法・不合理に支配しされており、労働者を劣悪な状況に追込んでいる。

「手配師・人夫出し」業者は直接、釜ケ崎から労働者を雇用主のもとへ送り込むほか、「人夫出し飯場(建設労働者寄宿舎)」という宿所をもっていて、そこに労働者を寝泊り(有料で)させ、送り込んでいる。
したがって、日雇労働者といってもその就労経路によって、およそ次の三つのタイプに分けることができる。

①「現金」ー文字通りの日雇いで、日々雇用され、日々解雇される労働者である。
労働者は毎早朝「寄り場」に出て仕事を捜し、仕事を終えた夕方に、現金で賃金を受け取る。

②「期間雇用」ー「契約」ともいう。このタイプの就労は、一週間・一〇日・三〇日というように一定の期間を区切って「人夫出し業者」の飯場に入り、そこから就労する。
賃金は契約期間ではなく、就労日数によって支払われ、その中から契約期間の宿泊料(飯代)が差し引かれる。
「期間雇用」には「出張」もある。概ね近畿圏外の「人夫出し飯場」や「現場飯場」に期間を決めて出張し、働く。飯代を引かれない場合もある。

③「直行」ー就労先が決まっていて、同一業者のもとで長期間にわたって就労する形態。仕事現場や飯場に、「寄り場」を経由せず直接行くこと「直行」という。ほとんど常雇と変わらないが、賃金の支払いは日々払いの場合も多い。

 ②と③の場合、就労期間が長期になればなるほど、常雇同様といえなくもないが、労働ー賃金の契約はあくまでも、日雇契約であり、①の現金日雇と本質的にはなんら変わるところはない。

 いずれにしても、労働市場としての釜ケ崎は、大阪を初め関西一円はもとより、北陸・中部・中国・遠くは関東・沖縄・北海道にまで、時として海外までも、日雇労働者を供給する巨大な飯場とみることができる。この意味で「釜ケ崎」という「寄せ場」は、日雇労働力を供給するという社会的機能を担っている。

ホームレス0運動に協力できる人右記連絡先アモーレまで連絡お願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boran.blog2.fc2.com/tb.php/34-e470c23d

在宅ビジネス職業安定所を発見!

在宅ビジネスのハローワークがあったの知ってましたか? 時代も変わりました・・・ 興味のある方はこちら

 | HOME | 





RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

not

not

支援団体:アモーレ

 
活動拠点:大阪府門真市




FC2Ad





天下一blog(武道)会
天下一ブログ会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。